高屋南保育園

特色ある保育

photo
食育クッキング
実際に野菜を育てて収穫する喜び、調理して食べる楽しさを味わい、食への関心を深めます。
photo
なかよしタイム&ふれあいタイム
『ふれあいたいむ』とは、0歳児から5歳児までの異年齢の子どもたちが毎月1回ふれあいあそびやわらべ歌を一緒に楽しんだり、体を動かしたりできる交流会です。短い時間ですが、毎月行うことで少しずつかかわりは深まっています。また、3・4・5歳児の子どもたちがクラスの垣根を越えてお互いの保育室を行き来して自由に遊んだり、一緒に給食を食べたり、お散歩に出かけたりする『なかよしタイム』も毎月1回程度行います。この交流を通して、相手の立場に立って考え、人を思いやる「心」、友達を大切に思う「心」を育てていきたいと考えています。
photo
地域交流(5歳児)
西部いこいの里との交流
人生経験豊富なお年寄りの方と交流し、豊かな感性や思いやりの心を育みます。
photo
リトミック

3歳以上の子ども達は、年齢別に分かれリトミックを楽しみます。リトミックとは、楽しく音楽と触れ合いながら、基本的な音楽能力を伸ばしていく活動です。音楽に反応して動くことにより、感じる心や想像力を養い、「聞く」「歌う」「体を動かす」ことを通じ、「自立心」や「向上心」など「心」の成長、「集中力」「理解力」「表現力」を育みます。また、グループでの表現を通して、仲間意識や協調性なども養うことができます。

photo
運動遊び
年間を通して峯田先生と村田先生に4HPという運動遊びを教えてもらいます。4つのHとは【①Health…運動の基本である健康な体を作るHead…体を動かす元である脳 ③Heart…心 ④Hand…第二の脳と呼ばれている手】でありそれらを使ってP【①Peaformance…表現力②Perrsonarity…個性 ③Play…遊ぶこと ④Paint…絵画】を育むことを目的とし、様々な運動遊びを教えていただきます。また日々の保育に取り入れながら、しっかりと体を動かし遊べる子ども、運動が大好きな子どもをそだてます。
photo
お茶会
普段の活動的な雰囲気とはうって変わって、静寂の中で心を静める体験もしてほしい、美しいもの・美味しいものに触れ、心が動く経験を十分にしてほしいという思いから年間4回程度四季折々の『季節のお茶会』を催しております。お茶会には、主に5歳児が参加して和室での歩き方、座り方、挨拶の仕方などからお抹茶の点て方まで、上田宗箇流の講師 岡本君子先生にお越しいただき、教えていただいています。お茶の作法を通じて、礼儀作法や古き良き日本の文化を大切に思う心を育んでいます。
このページのトップへ